「卓越した技能者(現代の名工)」とは?

卓越した技能者表彰制度は、技能者の地位と技能水準の向上を図るために、昭和42年(1967年)度に設けられたもので、毎年約150名(平成7年(1995年)度までは毎年約100名)が表彰されており、表彰者の総数は4,000名を上回る。

 

表彰の対象となるのは、金属加工、機械器具組立・修理、衣服の仕立、大工などの職業を分類した全20部門の技能者である。表彰を受ける者は、都道府県知事や事業者団体などの推薦を受けた候補者の中から、技能者表彰審査委員の意見を聴いた上で、厚生労働大臣によって決定される。二親等以内の親族関係にないなどの条件を満たせば、一般の者も候補者を推薦することができる。平成16年(2004年)度までは、満35歳以上でなければ推薦を受けることができなかったが、平成17年(2005年)度からは年齢制限が撤廃されている。

 

表彰を受けた者には、表彰状、卓越技能章(楯と徽章)、褒賞金(10万円)が授与される。


埼玉支部の「現代の名工」

山崎光夫

建築大工

平成7年

 

田中常一

石工

平成22年

 

横川譲二

調理(日本料理)

平成24年

 

秋間知子

婦人子供服製造

平成30年

 

永瀬勇

鋳造

平成28年

 

石井朋昌

畳製作

平成24年

 

立川修子

フラワー装飾

平成22年

 

松本芳光

畳製作

令和2年 

 

仲洋子

婦人子供服製造

平成23年

 

島田浩一

畳製作

平成29年 

 

布川活治

かわらぶき

平成29年 

 

中里一夫

建築板金

平成26年

 

山本あさ子

婦人子供服製造

平成29年 

 

 

 塚田孝司

表具士

平成30年 

 

丹野新一

表具士

平成7年 

 

渋谷勝市

建築板金

令和1年 

 

三浦幸治

電気機器組み立て

令和1年