あなたが車で道路を走るとき、町の中を歩くとき、「看板」がないとしたら。きっとそれは殺風景なものになることでしょう。逆に、帰省して地元の見慣れた会社の看板を見たとき、「帰ってきた・・・。」と実感することでしょう。