大工の腕前が出来上がりを大きく左右する在来工法。どんな材を使うか、どのような間取りにするか、選択肢が幅広く自由設計と相性の良い工法です。現在の建築基準法をクリアした建物であれば十分な耐震性がありますが、更に免震、耐震、制震装置を追加することで、より地震に強い家を造ることができます。