畳は畳表、畳床、畳べりといった3つの部分で構成されています。多数の人々の温かい手によって丁寧に作り上げられた畳は、床材のひとつというよりも日本古来の伝統に培われた作品ともいえるでしょう

それぞれの分野で働く職人さんの腕や確かな技術によって畳の良し悪しが決められるほど、繊細で優美な逸品なのです。